お知らせ

INFOMATION

モビルスのプレスリリース、セミナー、メンテナンス、メディア掲載などについてお知らせします。重要な障害情報もこちらに掲載します。

2019年11月14日(木)16:00

福岡市LINE公式アカウントにて「避難行動支援」全ての機能を提供開始

モビルス株式会社は、福岡県福岡市(市長:高島 宗一郎)、LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴、以下LINE Fukuoka)と「福岡市LINE公式アカウントでの避難行動支援に関する協定」を結び、モビルスが開発パートナーとして参画している福岡市のLINE公式アカウント(LINE ID:@fukuokacity)にて、「避難行動支援」の全ての機能提供を開始したことをお知らせします。

本年9月4日から「平常時モード」の公開と「災害時モード」のテスト版の公開を行った実証実験フェーズ1にて利用者の声を踏まえ機能改善し、本日より実際の災害時にも機能が使えるようになりました。

「避難行動支援」機能は平常時の備えを支援する「平常時モード」と、災害時の避難行動を支援する「災害時モード」の2つです。

「平常時モード」では、現在の警報・注意報や近隣の避難所情報、ハザードマップなどをご確認頂けます。こちらを基に、家族や友人とあらかじめ災害時の行動を話し合って頂くことが可能です。福岡市LINE公式アカウントに既に搭載されている「防災情報の発信」機能などと合わせ、平常時からの備えをサポートします。

「災害時モード」では、災害時に福岡市(防災・危機管理課)から避難指示や勧告などが出された際に、取るべき避難行動をチャットボットで確認し、自身が避難を開始したことを家族や友人に伝えることが可能となります。

本日から2020年3月31日の実証実験終了時まで、平常時・災害時の運用を通し、機能の有用性を検証してまります。

モビルスは引き続き開発パートナーとして、福岡市のさらなる業務効率化、住民とのスムーズなコミュニケーションを支援していきたいと考えております。

 

参考プレスリリース

福岡市LINE公式アカウントにて「避難行動支援」の全ての機能を提供開始。 実際の災害時にも使用可能に

モビルス、福岡市のLINE公式アカウントにて防災新機能を開発 平常時にハザードマップや最寄り避難所の確認が可能に。 災害時の避難行動を支援する機能のテスト版も公開、体験ユーザーの声を募る。 〜友だち数162万超のメッセージ配信運用経験を評価され採用〜

福岡市LINE公式アカウントにて、防災新機能「避難行動支援」の実証実験を開始。ハザードマップや最寄り避難所をLINEで確認できる「平常時モード」と、避難行動を確認し、友人に避難開始を共有できる「災害時モード」テスト版を公開。

 

 

 

               

お知らせトップへ

モビルスをもっとよく知るために

資料のダウンロード
製品のご案内資料や、チャットボットの
サービス設計についての資料を
ダウンロードいただけます
ご案内ページへ進む

問い合わせ・デモのご依頼
モビエージェントやチャットサポート
に関するご質問や製品デモのご依頼は、
フォームからお願いします
フォームへ進む

セミナーへのご参加
モビエージェントの機能や特長、チャットボットやチャットサポートの設計、その他ユーザー事例などを詳しくご紹介します
募集中のセミナーを見る

テクノロジーで
コミュニケーション変える
モビルスで一緒に働きませんか?

  • 自由な社風・働き方
  • 国際色豊かなチーム
  • 女性エンジニア歓迎
     

採用への応募・カジュアル面談のお申込み