【開会挨拶】

人間と対話するAIで日本発のイノベーションを

出井 伸之氏

クオンタムリープ株式会社 代表取締役 ファウンダー&CEO

人間と対話するAIで日本発のイノベーションを

さまざまな時代を経て第三次ブームに至ったAI(人工知能)。まず開会の挨拶として、ソニー株式会社の代表取締役社長を務められた後、現在は日本とアジアのイノベーションを促進するクオンタムリープ株式会社の代表取締役、出井伸之氏が登壇した。今回のカンファレンスの趣旨は「AIと人間の対話」にテーマを絞って展開することを述べた。

出井氏は、日本から米国や中国のようなプラットフォームビジネスが生まれていないことを憂慮してこう述べた。

いまビジネスモデルが大きく変わりつつあります。米国ではGoogleやAmazonなど、プラットフォーマーが成長しています。中国も百度やアリババがめざましい発展を遂げました。ところが、日本では90年代からプラットフォーマーが登場していません。米国と中国の触媒の役割しか果たしていない。いわば両国から技術の隕石に打撃を受けている状態です。

「日本は古い既成概念にとらわれている」と出井氏は指摘した。しかし、ブロックチェーンの技術ひとつにしても多様な変化の可能性を秘めている。今後はインフラとして整備されたり、企業の働き方改革に貢献したり、インターネットが登場したときと同じような変化が起こるかもしれないとの可能性も示唆した。

次世代のパラダイムの変化を考え、米国と中国の間に日本がどうすれば参入できるか。それは日本の社会、政治、企業の問題です。私はビジネスマンですから、今日は人工知能の専門家のみなさんを困らせる役割としてお話できればと考えています。

松尾豊氏や榮藤稔氏のようなアカデミックな人工知能の研究者の方を向いて、やや挑戦的に自身のスタンスを語った後、カンファレンスの参加者それぞれが具体的な問題意識を持ち、技術だけではなく世界全体や教育の変化を考えていただきたいという主催者の願いを告げた。

2019年のカンファレンス、開催決定!

2018年に引き続き、2019年もテクノロジーと対話をテーマとしたカンファレンスを開催します。

Communication Tech Conference 2019
https://mobilus.co.jp/ctc/2019

今年は、「グローバル×多角的」の視点で、日本、アメリカ、中国から、ビジネス、アカデミック、スタートアップの様々な領域でコミュニケーションとテクノロジーのスペシャリストたちが集結します。

基調講演には、米Yahoo!共同創業者であり、グローバルでAIスタートアップに投資を行うジェリー・ヤン氏の来日が決定。前半のビジネスセッションでは、ソフトバンク社長の宮内謙氏が「5G・AI・IoTが創り出すコミュニケーションの未来」と題した特別講演を行います。

さらに後半のアカデミックセッションでは、東京大学教授の松尾豊氏より「ディープラーニングによるコミュニケーション技術の進化」について講演をいただきます。

Communication Tech Conference 2019

Communiateion Tech Conference 2019にぜひご期待ください。
皆さまのご来場をお待ちしています。

PROFILE

Nobuyuki Idei

クオンタムリープ株式会社

代表取締役 ファウンダー&CEO

2005年6月にソニー会長兼グループCEOを退任後、2006年9月にクオンタムリープ株式会社を設立。同社のファウンダー&CEOとして、大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援活動を行っている。

1960年早稲田大学政治経済学部卒業後、ソニー入社。入社後はスイス駐在、ソニーフランスの設立など主に海外事業に従事。帰国後オーディオ、コンピュータ、VTRなどの事業本部の責任者を歴任したのち、1989年取締役就任。1995年から2000年まで社長兼COOとして、2000年から2005年までは会長兼グループCEOとして、約10年にわたりソニー経営のトップを担った。

在任期間中、VAIO PC、エリクソン社合弁でのモバイル事業、ソニーのエンターテインメントコンテンツを利用したオンライン配信サービスなどといった、新しいIT・ネットワーク事業立ち上げを実施。「デジタル・ドリーム・キッズ」のビジョンを掲げて独自の“AV/IT”路線を展開、ソニー変革を主導した。

他に、フリービット(2007年6月より)、レノボ・グループ(2011年9月より)、マネックス・ グループ (2013 年 6 月より) 、ストライプ・インターナショナル (2016 年 4 月より) の社外取締役のほか、清華大学 (中国) アドバイザリーボード(2012 年より)、中欧国際工 商学院 (中国) アドバイザリーボード(2017 年より)。

過去には、日本銀行参与、IT 戦略会議議長、日本経団連副会長、ハーバードビジ ネススクールアドバイザリーボード、ドイツ銀行グループアドバイザリーボード、早稲田 大学評議員議長、上海交通大学海外教育学院教授の他、アクセンチュア、百度公司、 ネスレ、GM、吉本興業、ユー・エス・ジェイなどでも取締役を務めた。