fbpx

チャットボット

チャットボットには、対話AIがユーザーの意図解釈を行う「AI型」と、予め設計したシナリオベースで応答する「ルールベース型」があります。顧客ニーズや導入目的に従って、最適なチャットボットを設計することで、顧客満足度の向上と業務効率化やコスト削減などの大きな成果を出すことができます。

チャットボットを導入する活用のポイントをご紹介~オペレーターとの連携パターン~

<2022年7月20日⇒2023年11月28日更新> チャットボットとオペレーターを両方用意できる場合、その役割分担を考えるためには、顧客からの問い合わせがよく…

LINEで保険請求が完結し、チャットで相談できる、高い付加価値を生むペット保険シェアNo.1のアニコム損保が目指すこと

顧客対応業務において、自動化や業務効率化を課題とする企業も多いのではないでしょうか。企業目線での効率化ではユーザーが離れてしまうこともあり得ます。企業とユーザー…

問い合わせが増える中で有人対応を削減できた、家具・インテリアブランド「LOWYA」での自動応答の活かし方とは

家具・インテリアブランド「LOWYA」を展開する株式会社ベガコーポレーションの稲垣氏にお話を伺い、問い合わせ対応を効率化しながら、顧客満足度を高めていくデジタル…

LINE活用によるお客さまの利便性向上と業務効率化とは?

「お客さまや住民にとって利便性の高いLINEを使ってカスタマーサービス / 住民サービスを始めたい」と思われる企業や自治体も多いと思います。しかし「本当にLIN…

AI技術を活用したカスタマーサポートDXの事例

カスタマーサポートを行うコールセンターはお客さまと直接対話する重要な役割を担っていますが、お客さま応対の業務において、さまざまな課題が生じています。たとえば、「…