fbpx

電話自動応答

電話自動応答システムは、従来の自動で読み上げた質問項目に対し、番号をプッシュで選択する方法のIVRだけではなく、最近はボイスボットを活用したものがあります。ボイスボットは、音声認識や自然言語処理、対話型AIなどの技術を組み合わせ、利用者が自然発話(音声)でIVRを操作できる仕組みです。電話・音声対話による自動応答をスマートに実現し、発話内容(シナリオ)を簡単に作成・編集できるため、顧客サポート窓口や代表電話などで導入する事例が増えています。ボイスボットの活用方法や事例を紹介します。

【ベネッセ×TMJ×モビルス】 ボイスボット、AI、アバター接客、在宅など、 顧客サポート・コミュニケーションデザインの在り方はどう変わるか?

エンドユーザーの行動や価値観の多様化が新型コロナウイルス禍で加速する中、企業と顧客のコミュニケーションの在り方も見直しが必要となっています。 顧客サポートを担う…

袋井市デジタルキャンペーンの電話対応を自動化。 担当窓口への自動振り分け、FAQの自動案内で、職員の業務負担を軽減

静岡県袋井市の、マイナンバーカードの普及とデジタル化の推進を目的とした「袋井デジタルキャンペーン」の問い合わせ対応に、AI電話自動応答システム「MOBI VOI…

串カツ田中、「mobiVoice」で電話対応コスト40%削減に成功。 代表電話、人事課の電話一次対応を月800件自動化。

全国に外食チェーン「串カツ田中」などを展開する株式会社串カツ田中ホールディングス。2008年に東京都世田谷区に「串カツ田中」1店舗をオープン後、直営店とフランチ…

電話の対応業務時間を約60%削減に成功 「mobiVoice」で代表電話などの一次対応を自動化| 日本ロードサービス株式会社(JRS)

自動車・オートバイの故障救済の手配を行う日本ロードサービス株式会社。2020年5月14日よりAI電話自動応答システム「mobiVoice」を導入、代表電話や物販…