Pocket

コンタクトセンターや自治体など問い合わせ業務における、負荷の重い定型業務や電話対応コスト削減に有効な「ボイスボット」(AI電話自動応答システム)の活用方法や導入事例インタビューをまとめた資料です。

レポートイメージ

目次

1.コールセンターが抱える課題と解決方法
・はじめに、コールセンターの抱える課題とは
・課題1:同じような問い合わせ対応に追われてしまう
・課題2:急な問い合わせの繁閑に対応できない
・課題3:受付対応に時間を取られてしまう
・Fact1 定型業務を減らすだけでコンタクトセンターの負荷は大きく下がる
・Fact2 突然の呼量増は、自動応答の活用でサービスレベルを守れる

2.[活用例1]問い合わせ受付・自動対応
・【活用例】金融業界・商社、メーカー・物流
・【導入事例】少額短期・損害保険会社 あふれ呼・営業時間外の自動対応により機会ロスの減少
・【導入事例】共済保険会社 書類請求受付の自動化受付による効率化
・【導入事例】日本ロードサービス(JRS)  在宅勤務に伴う代表電話の自動応答化
・【導入事例】串カツ田中 「MOBI VOICE」で電話対応コスト40%削減に成功。
・自治体での活用事例(埼玉県川口市、静岡県袋井市)

3.[活用例2]予約、変更受付・リマインド
・【活用例】飲食店・クリニックなどの店舗

4.[活用例3]注文、変更受付
・【活用例】通信販売
・【導入事例】アクアクララ岩手 入電数90%削減。電話対応50%を完全自動化。

5.[活用例4]督促・情報プッシュ
・【活用例】金融業界・インフラ業界
・【活用例】地方ガス会社 災害時のガス設備故障状況ヒアリングと修理日の一斉架電

6.AI電話自動応答システム「MOBI VOICE」とは

レポート概要

・タイトル:
「負荷の重い定型業務・電話対応コスト削減に!ボイスボット活用事例集」
・ページ数:71ページ(PDF:4.07MB)

お申込みフォーム

ご希望の方は、以下のフォームをご入力の上、お申し込みください。