fbpx

チャットサポート

チャットサポートでは、電話やメールの代わりに、チャットボットまたはオペレーターチャットで顧客サポートを行います。ボットのみ、オペレーターのみ、ボットとオペレーターが連携するハイブリッドの3種類があります。Web、LINE、Messengerなどのチャネルを顧客ニーズや特性に応じて選択することで、高い導入効果が期待できます。

年末年始に読みたい、次世代顧客サポートの在り方のヒントになる記事10選

もうすぐ2023年も終わりですね。年末年始のお休みに入る方も多いかと思います。 今回は、「Mobilus SupportTech Lab」の記事の中から、編集部…

チャットボットを導入する活用のポイントをご紹介~オペレーターとの連携パターン~

<2022年7月20日⇒2023年11月28日更新> チャットボットとオペレーターを両方用意できる場合、その役割分担を考えるためには、顧客からの問い合わせがよく…

深刻な人手不足・採用難にチャットサポートが果たす役割とは

コンタクトセンターなど顧客サポートを行う現場では、コロナ禍を経て、人手不足・採用難が再び深刻になり、在宅シフトの継続、自動化や自己解決促進へのIT投資に注目が集…

LINEで保険請求が完結し、チャットで相談できる、高い付加価値を生むペット保険シェアNo.1のアニコム損保が目指すこと

顧客対応業務において、自動化や業務効率化を課題とする企業も多いのではないでしょうか。企業目線での効率化ではユーザーが離れてしまうこともあり得ます。企業とユーザー…

問い合わせが増える中で有人対応を削減できた、家具・インテリアブランド「LOWYA」での自動応答の活かし方とは

家具・インテリアブランド「LOWYA」を展開する株式会社ベガコーポレーションの稲垣氏にお話を伺い、問い合わせ対応を効率化しながら、顧客満足度を高めていくデジタル…

LINE活用によるお客さまの利便性向上と業務効率化とは?

「お客さまや住民にとって利便性の高いLINEを使ってカスタマーサービス / 住民サービスを始めたい」と思われる企業や自治体も多いと思います。しかし「本当にLIN…

AI技術を活用したカスタマーサポートDXの事例

カスタマーサポートを行うコールセンターはお客さまと直接対話する重要な役割を担っていますが、お客さま応対の業務において、さまざまな課題が生じています。たとえば、「…

売上アップに繋がるCX向上を考える。目指すべきコンタクトセンターの在り方とそのためのコンタクトセンター設計とは

コンタクトセンター(コールセンター)は、”コスト部門”として位置づけられることが多く、営業やマーケティングなどと比べて、積極的な投資が行われにくい傾向にあります…